大阪魚市場株式会社 OSAKA UOICHIBA Co., ltd.
取引先会員ページ お魚情報局 お魚食育 安全・安心ネットワーク うおいちカレンダー 会社案内 採用情報 リンク集 ホームへ

大阪魚市場とは

 水の都、大阪。日本の生鮮食料品の集積地としても知られるこの街の水産業の歴史を辿れば、古くは江戸時代にまでさかのぼります。絶えることなく続けられてきた人々の生活の営みのそばには、いつの時代も市場がありました。

  「もの」を通じて人と人をつなぐ、結ぶ、とりもつ。人の暮らしに欠かせないこの市場の役割を、水産業の立場から追究する会社として、1947年10月始動しました。

  中央卸売市場の目的は、生鮮食料品を都市圏へ安定的に供給すること。大阪の3つのマーケット、「大阪市中央卸売市場・本場」、「大阪市中央卸売市場・東部市場」、「大阪府中央卸売市場・北部市場」に「和歌山市中央卸売市場」、「滋賀県の大津市公設地方卸売市場」を加えた 5つの中央・地方卸売市場に拠点を配置する鰍、おいちの使命も、無論このマーケットの目的にクロスしています。


 水産物の安定供給を通して都市の暮らしを支えること
 安定した市場機能の育成に尽力すること
 そして、日本が誇る魚食の文化を守ること

 鰍、おいちは、水産物流通の次代を担う責務を実現する会社です。

大阪魚市場とは

日本全国の出荷者を結ぶ

 グルメブームから飽食の時代に入ったと伝えられる昨今においても、水産物に対する消費者ニーズはとどまることはありません。

 鰍、おいちでは、日本国内約14,000にのぼる生産者と産地業者、商社のもとへ直接出向き、現場での買付や情報収集を行うことによって確固たる信頼関係を結びながら、時代の要請に応える営業活動に努めています。

世界の海を結ぶ

 水産物流においても、海外との取引は急速に増大しており、中国・韓国・香港・台湾といったアジア諸国をはじめとして、北米・南米・ヨーロッパなど世界80カ所以上の沿岸各地から、多彩な水産物が集積しています。鰍、おいちでは、市場において海外取引が円滑に行える環境整備を進め、世界各国に対する営業活動に積極的に取り組んでいます。もちろん、海外取引においても商社と共に現地へ赴き、扱う商品が日本の消費者やマーケットのニーズに合うかなどを綿密に調査し、生産者や産地業者への情報提供にも努めています。

鰍、おいち・私たちの手ができること

 私たちは多面的な事業展開を通して、量販店・百貨店・外食産業から小売店に至るまでのネットワークを駆使し、皆さまの声をキャッチする努力を続けるとともに、流通に関わる様々な企業と手を携え、国内外のパートナーとも連携することで、皆さまにご満足いただける商品を買付・生産・販売しています。

 私たちは、日本全国・世界各地から朝夕問わず集積する水産物に、新鮮・安全という二つの安心をのせてご提供する私たちの手が、生産者と消費者の皆さまを繋げる存在でありたいと願っています。

また、

 地球にやさしく(大切な水産資源をムダなく利用する)
 身体にやさしく(安心・安全に召し上がって頂けるものを提供する)
 心にやさしく (美味しい魚で健やかに、楽しく暮らす)

この魚食の文化を創造し続ける企業でありたいというのも、私たち鰍、おいちの願いです

そして私たちは、皆さまの手が、私たち鰍、おいちを支えていることを理解し、感謝の気持ちを忘れることなく日々の業務を遂行してまいります。

ALL Rights Reserved.Copyright (c)Uoichi Co.,Ltd.