大阪魚市場株式会社 OSAKA UOICHIBA Co., ltd.
取引先会員ページ お魚情報局 お魚食育 安全・安心ネットワーク うおいちカレンダー 会社案内 採用情報 リンク集 ホームへ

料理・レシピ

コウイカと筍の木の芽和え

コウイカ(針いか)は筍のシーズンが産卵期で浅瀬に寄ってくるので、この時期には瀬戸内で獲れたものがよく出回ります。熱を加えると他のイカよりもサクッとした食感があり、歯ごたえを楽しむ筍との相性が抜群。木の芽和えは彩りも美しく春を感じさせる逸品です。

(221kcal/人)

作り方

    【材料(2人分)】
    コウイカ(刺身用短冊)・・・60g
    A:酒・・・大さじ1  塩・・・ごく少量 
    筍(茹でたもの)・・・100g
    B:だし汁・・・100ml 薄口しょうゆ・・・大さじ1/2 みりん・・・大さじ1/2
    木の芽・・・5枚
    ほうれん草(茹でたもの)・・・葉の部分4枚くらい
    C:白みそ・・・30g 砂糖・・・大さじ1/2 だし汁・・・大さじ1
    木の芽(飾り用)・・・2枚

    【作り方】
    @刺身用のコウイカを1.5cm角に切り、鍋に入れて火にかけ、Aを加えて炒り煮にする。サッと火が通ればOK、火を通しすぎないこと。終わったら鍋底を水につけて冷ます。
    A茹でた筍も1.5cm角に切り、Bを加えて3分くらい煮て味を含ませ、同様に冷ましておく。
    B次に木の芽の和えダレを作ります。茹でたほうれん草を細かく刻んですり鉢にいれ、軸を取り除いた木の芽を加えてよくすりつぶし、きめ細かくなったらCを加えてよく混ぜる。
    C和えダレBに@、Aを加えてかるく和え、器に盛って飾り用の木の芽を添えてできあがり。

    ※ほうれん草は緑の色づけに使います。木の芽だけで色づけすると木の芽が大量に必要で、苦くなってしまいます。きれいに仕上げるには木の芽ダレを裏ごししますが、通常はそのままでも十分です。


鮮度を見極め、正しく食べよう!
★ さかなを美味しく食べるためには食べ方を間違わないこと。
★ 鮮度基準:水産物は時間の経過とともに(1)〜(4)の順で鮮度劣化します。
(1)活魚・活け物→(2)死後硬直物→(3)通常鮮度物→(4)鮮度劣化品
(価格も(1)〜番号が大きくなるにつれて順に安くなります。)
  調理基準 鮮度維持の注意事項
鮮度基準 刺身 加熱
(1)活魚・活け物 10度Cで保存しましょう。
(2)死後硬直物 (2)以下はとにかく冷やしましょう。氷温、チルド、5度C以下が理想です。
(3)通常鮮度物 ×
(4)鮮度劣化品 ★(4)は食べないこと。がっかりして魚が嫌いになります。
((1)、(2)はその「魚のにおい」はしても生臭くありません。)

戻る

ALL Rights Reserved.Copyright(c) Uoichi Co.,Ltd.