大阪魚市場株式会社 OSAKA UOICHIBA Co., ltd.
取引先会員ページ お魚情報局 お魚食育 安全・安心ネットワーク うおいちカレンダー 会社案内 採用情報 リンク集 ホームへ


おさかな情報局

トピックス
松葉ガニ・セコガニの初セリを行いました
日本海の冬の味覚、松葉ガニ・セコガニ漁が 11月6日(火)午前0時に解禁となり、各産地に水揚げされたものが 8日(木)に大阪の市場で初セリとなりました。

1.上場場所及び日時
初セリ日時:平成30年11月8日(木)午前5時10分より
上場場所:大阪市中央卸売市場 福島本場四十物、北海物売場(北 I − 7)

2.入荷水揚げ港
浜坂港、津居山港、柴山港、香住港、網代港

3.漁期 11月6日より
松葉ガニ(雄):平成31年3月20日迄
セコガニ(雌):平成30年12月31日迄

4.入荷並び相場(平成30年)
セコガニ
入荷量:うおいち 167ケース 334kg
価 格(円/尾): 1,500〜340(円/尾)
5.参考(入荷量:福島本場計、価格:うおいち)
昨年は、松葉ガニ 70尾(約70kg)の入荷で、1尾 30,000〜8,000円
セコガニ 750ケース(約1.5トン)の入荷で、1尾 2,500〜400円

 初入荷は兵庫県と鳥取県からの入荷となり、大阪本場への入荷は卸両社合計で松葉ガニ「雄」25尾(約25kg)・セコガニ「雌」 917ケース(約1,834kg)となりました。昨年と比べメスの価格(うおいち入荷分)は、高値1,500/尾〜安値340円/尾(昨年比2割〜4割安)となり。サイズは、中・小型サイズの12〜15尾が入荷の中心になりました。今年の漁獲枠は昨年より170tの減小となる為に今後は価格高騰が予想されます。

戻る

ALL Rights Reserved.Copyright (c) Uoichi Co.,Ltd.